HOME>ホッとする復刻版>ホッとする復刻版

どじょうのような形が特徴

愛知県のご当地グルメといえば、味噌煮込みうどんや小倉トーストなどを県民以外の人はイメージしがちです。しかし、愛知県内には昔から親しまれてきた郷土料理も沢山あって、別名「伊良湖汁粉」と呼ばれる「じょじょ切り」も有名です。「じょじょ」とは「どじょう」を意味するようで、具材の形状からそう呼ばれています。もともと、農作業が終わった後の行事食の意味があった郷土料理で、砂糖を入れるのも特徴ですが、ちなみに醤油ベースの汁粉もあるようです。同市福江町のショッピングセンター内の喫茶店「エール」では、甘味メニューに復刻版としてこの郷土料理を提供しています。以前、地域イベントで提供した限定の品だったものの、お客さんから好評で、惜しむ声が挙がり、そこから定番メニューに加わっています。こちらのお店では、単品だと350円で味わえる他、お茶やアイスクリームとセットになったお得なメニューも用意しています。愛知の家庭的な味で、味噌煮込みうどんやきしめんを思わせるような、小麦粉から作ったうどん状の麺を小豆と砂糖入りの汁で煮た料理です。どじょうのような形状の麺は軟らかく、味は薄め、甘みに少しの塩気が感じられます。お店のお母さんの手作りで、砂糖と塩のみというシンプルな味付けだからこそ、他県民の舌にも違和感なく、馴染む味だとも言われています。疲れた時に立ち寄りたい、そんなお店の雰囲気も相まって、地元民から愛される味わいです。

NEWS